紙の素材 | オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう

オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう

テクスチャ

紙の素材

オリジナル紙袋を作成する場合、紙の材質を選ぶことができます。
紙の材質によっては、袋のイメージが大きく変わることがあります。
色紙を使用して、袋に全体的な色を入れることもできますが、白い紙で作成して印刷を行ったほうが安価に仕上がることがあります。
オリジナル紙袋の素材として使用される紙に、片艶晒クラフトというものがあります。
クラフト紙を漂白したもので、色がだいぶ白くなっています。
また、片面に平滑度を高めるような処理が施されており、上品な光沢があります。
印刷にも適しており、比較的安価なことから、現在市場に出回っている紙袋の多くがこの素材で作られています。

ナチュラルなイメージを全面に押し出していきたいと考えている場合、未晒クラフトという紙を使用されていることがあります。
漂白をまったく施していないため、パルプ原料の色と質感がそのまま残っているクラフト紙です。
クラフト紙の中でも、もっとも丈夫な素材といわれており、包装紙でも使われることがあります。
オリジナルの紙袋の中でも、ナチュラル志向を目指しているお店等でよく使われています。
紙の素朴な素材を楽しむことができるので、多くの人に人気があります。
また、オリジナル紙袋作成時に、半晒クラフトという半ば漂白を行ったクラフト紙を使用することもあります。
クラフト紙よりも滑らかで明るいため、文字が読みやすいというメリットがあります。
丈夫で安価なため、オリジナル紙袋としても多くの所で使用されています。

Copyright © 2015 オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう All Rights Reserved.