紙袋の加工 | オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう

オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう

テクスチャ

紙袋の加工

オリジナル紙袋を作成する際に、ある程度デザインや紐が決定し、印刷まで行うと最後に紙に仕上げ加工を行うことができます。
この紙の加工により、強度や耐水性を上げていくことができます。
また、高級感も一気にあがることから、表面処理を行っている所も多いです。
オリジナル紙袋で人気のある加工がPP加工と呼ばれるものです。
PP加工には、グロスと呼ばれるものと、マットと呼ばれるものがあります。
基本的にPP加工というと、グロスタイプを指すことが多いです。
印刷の上からポリプロピレンのフィルムを貼り付けるもので、紙自体に厚みや張りを出すことができます。
印刷面からみても、発色がよくなります。艶と光沢があり、一気に高級感が上がります。
破れにも強い加工となることから、多くのオリジナル紙袋で使用されています。

オリジナル紙袋を作成する際に、あまり光沢を出したくないという場合マットPPという加工を施すことがあります。
通常のPP加工と呼ばれる技術と同じように、強度や耐水性を高めると言う効果があります。
手触りはさらりとしており、光沢感はPP加工と比べると控えめです。
光が拡散するため、印刷面がやや鈍く見える傾向があります。写真等を使用したいと考えている場合も、向いている加工です。
また、熱や圧力をかけてメタリックなフィルムを貼り付ける箔押しという方法も人気があります。
特色を使用する際に使用されることが多く、箔押しを行った部分だけくっきりと浮かんできます。
ブランドのロゴ等を強調したい時などに使用されることの多い加工です。

Copyright © 2015 オリジナルの袋を作成して商品の価値を高めよう All Rights Reserved.